++松戸市の矯正歯科医ブログ++

2024年01月16日の日記

「安心安全な矯正歯科治療」のために 治療契約の大切さ その3
ゼN天弉茲砲弔い
治療計画も書面で説明をお受けになることが重要です。
特に主訴と治療目標では、自分がどのようなところが気になっているのか矯正歯科医に伝わっているか、そして主訴を含め正常な歯列や咬合を目標として目指しているのかを確認してください。
もちろん主訴のすべてが目標にできるとは限りませんが、その時は理由などを話し合われて納得されるようお勧めいたします。
治療計画では小臼歯の抜歯、非抜歯や矯正装置と併用する装置などを含め、治療概要を説明します。想定動的治療期間や保定期間などもだいたいは提示していただけると思います。

α枋蠎N鉄間について
矯正治療において治療期間の変動する要素がたくさんあります。まず歯の動き方は個人個人で変わりますので動きの速さにも差が出ることがあります。骨格、筋力、骨の硬さ、食いしばりや舌癖などの習癖によっての影響も考えられます。患者さんの取り組みの原因もあります。併用する装置や輪ゴムなどの使用に対する効果は個人差もありますが、当然使用指示を守らないと効果が出ませんので、治療は遅れます。またご予約の無断キャンセルや遅刻も治療の進行が遅れてしまいます。
従いまして矯正治療の想定治療期間はかなり幅をもってとらえて頂くほうが無難です。

【重要】次回記載します以下についても含め十分にご理解の上、治療開始の意志を決定し担当医にお伝えすることをお勧めいたします。

保定期間(安定を図る観察期間)について
転医時の治療継続や治療費精算について
治療のリスクや偶発症について
2024年01月16日(火)   No.99 (矯正歯科ブログ)

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2024年01月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

2024年01月16日(火)
「安心安全な矯正歯科..

++アーク矯正歯科ホームページ++

[Admin] 松戸市アーク矯正歯科院長ブログTOP
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50