++松戸市の矯正歯科医ブログ++

2008年04月16日の日記

矯正歯科専門医が答えます。『矯正歯科治療期間は、なぜ長い?』
前回まで矯正歯科治療で歯を動かすために、なぜ1.5〜2.5年の期間が必要なのかをお話しました。
アーク矯正歯科では8割くらいの方が 1.5年〜2年の期間で終えられるのは、補助的な力(ゴムやヘッドギア)やインプラント(骨に植立する杭)などを有効利用することで、治療ステップのいくつかを同時に行うことを可能にしています。
もちろん皆様のご理解やご協力がなくては難しいことです。幸いにも熱心な方が多く、好結果につながっていると思います。
治療期間を無駄に延ばさないためには、矯正医の技術、診療姿勢や体制はもちろんのことですが、ご予約を守って頂くことや装置の破損などのご注意や修理のためのご来院、ゴムやヘッドギア、舌癖トレ−ニングなど治療上の指示を守って頂くことも非常に大切です。
また変化させられない固有の条件として、個々の歯列不正の状況や骨質、歯根の形などが期間を左右する要素としてあります。
実は治療期間に無駄を作らないことが、虫歯や歯茎の病気のリスクを減し、加えて質の高い矯正歯科治療を行う秘訣なのです。
2008年04月16日(水)   No.27 (矯正歯科ブログ)

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2008年04月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

2008年04月16日(水)
矯正歯科専門医が答え..

++アーク矯正歯科ホームページ++

[Admin] 松戸市アーク矯正歯科院長ブログTOP
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50