++松戸市の矯正歯科専門医ブログ++

2012年05月の日記

矯正歯科治療の特異性ぁ…拘間にわたる治療
矯正歯科治療は通院間隔が1〜3ヶ月と頻繁な来院ではありませんが、治療期間は数年から5,6年と長期間に及ぶことが多く、長い期間の視野で治療を考えなくてはなりません。
問題になるのは、新たな学校への入学、部活や就職などで、特定の通院時間帯や曜日しか通院できなくなるなど、患者様の通院環境の変化です。
矯正専門医院は矯正医が常時いますので心配ありませんが、もし週何度とか月何度だけ矯正治療されている..
2012年05月14日(月)   No.117 (矯正歯科ブログ)

矯正歯科治療の特異性 やり直しのきかない治療
矯正治療はやり直そうとしても、歯を動かす条件や状況が難しくなっていることが多く、治療目標は制限されたものとなることが一般的です。
最初からの治療ほど、いろいろな治療目標の可能性を追及でできなくなってしまいます。
すでに絵が描かれているキャンパスの上に描ける絵の可能性と、真っ白なキャンパスに絵を描くときの無限の可能性と同様です。

例えば、小臼歯抜歯で得たスペースを、歯並びの改善というひとつ..
2012年05月01日(火)   No.116 (矯正歯科ブログ)

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2012年05月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2012年05月14日(月)
矯正歯科治療の特異性..
2012年05月01日(火)
矯正歯科治療の特異性..

++アーク矯正歯科ホームページ++

[Admin] [松戸市の矯正歯科専門医ブログTOP]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50