++松戸市の矯正歯科専門医ブログ++

2008年04月の日記

矯正歯科専門医が答えます。『永久歯を抜かずに治療できる可能性◆
そこで我々はもともとの椅子の長さや幅を増やすこと、すなわち歯槽骨そのものの幅を広げたり、親知らずを抜いて歯を後方に移動して前方に隙間をつくるなどを試みてきました。
しかしこの操作は容易ではなく、いろいろな装置や患者さんの長時間の使用努力を必要とするため、大きな空隙をつくることは非常に難しいことでした。
それが最近では、後方への移動を比較的容易にすることが可能になりました。もちろん量的には限界は..
2008年04月28日(月)   No.29 (矯正歯科ブログ)

矯正歯科専門医が答えます。『永久歯を抜かずに治療できる可能性 
八重歯や歯並びがガタガタになるのは、歯槽骨弓というU字型のアゴの土手が小さくて、歯が並びきらないからです。また前歯の傾斜が強く、前突している場合もアゴの小ささと関係することがあります。
このような場合、矯正歯科治療では永久歯(小臼歯)を抜歯して、その隙間を利用し歯列や噛み合わせを改善することがあります。
しかし、以前から健康な歯を抜くことに抵抗のある方は少なくありませんでした。
もちろん我々..
2008年04月22日(火)   No.28 (矯正歯科ブログ)

矯正歯科専門医が答えます。『矯正歯科治療期間は、なぜ長い?』
前回まで矯正歯科治療で歯を動かすために、なぜ1.5〜2.5年の期間が必要なのかをお話しました。
アーク矯正歯科では8割くらいの方が 1.5年〜2年の期間で終えられるのは、補助的な力(ゴムやヘッドギア)やインプラント(骨に植立する杭)などを有効利用することで、治療ステップのいくつかを同時に行うことを可能にしています。
もちろん皆様のご理解やご協力がなくては難しいことです。幸いにも熱心な方が多く、好結..
2008年04月16日(水)   No.27 (矯正歯科ブログ)

矯正歯科専門医が答えます。『矯正歯科治療期間は、なぜ長い?◆
実際の治療例でお話してみましょう。例えば、小臼歯抜歯の全体的な矯正歯科治療のケ−スでは次のようになります。

 ̄歯から犬歯まで太いワイヤ−が通るように柔らかいワイヤ−から徐々に太く硬いものに交換していきます。(3〜5ヶ月)

犬歯を後方へ動かす。
歯根を動かす歯体移動ですので1ヶ月に1mm程度しか動かせません。十分に硬いワイヤ−を入れるのも歯が傾斜しないため..
2008年04月11日(金)   No.26 (矯正歯科ブログ)

矯正歯科専門医が答えます。『矯正歯科治療期間は、なぜ長い?』
なぜ、針金の装置を1.5〜2.5年位も付ける必要があるのか説明しましょう。
まず知っておいて頂きたいのですが、歯の移動には大きくわけて二つの移動の仕方があります。
 ー腓忙冠(見えている部分の歯の頭)だけを動かす傾斜移動
 ▲▲瓦旅の中にある歯根も歯冠と同じ方向に移動する歯体移動

,侶梗舒榮阿六茎の骨の中での歯根の抵抗がそれ程ないため、比較的短期間で動かすことができます。
逆に△了..
2008年04月02日(水)   No.25 (矯正歯科ブログ)

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2008年04月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

2008年04月28日(月)
矯正歯科専門医が答え..
2008年04月22日(火)
矯正歯科専門医が答え..
2008年04月16日(水)
矯正歯科専門医が答え..
2008年04月11日(金)
矯正歯科専門医が答え..
2008年04月02日(水)
矯正歯科専門医が答え..

++アーク矯正歯科ホームページ++

[Admin] [松戸市の矯正歯科専門医ブログTOP]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50