++松戸市の矯正歯科専門医ブログ++

2016年05月23日の日記

学校歯科健診
もう学校から健診結果の通知が来ていると思います。

わが子の歯並びやかみ合わせが気になるけど、検診結果では問題がないことに不思議だと感じた方もいらっしゃると思います。どうしてこのようなことが起きるのか少し前のブログにもお書きしましたが、もう一度簡単にご説明させていただきます。
一般的に児童の40〜50%に歯列咬合の不正がみられることは、多くの統計や研究から明らかになっています。
しかし学校歯科健診の結果をもとにおこなっている学校保健統計調査では、歯列・咬合の項目で「専門医の診断が必要」と判断されているのは、わずか児童の4〜5%にすぎません。
このような学校歯科健診における歯列・咬合不正のスクリーニング結果では、あまり効果をあげていないと言わざるをえません。。

学校歯科健診には「国民保険の適用にならない矯正歯科治療の場合、保護者に不正咬合の健診結果が治療勧告のように思われることが望ましくない」という考えがあるようです。
そのため歯列咬合の審査基準はかなり重度な不正に対してのものであり、また心情的に考慮された審査結果となるため学校歯科医により結果の差が大きくなっています。

学校歯科研診結果の通知とは別に、もしお子様の歯並びやかみ合わせにご心配な点があれば、矯正専門医に直接相談していただいた方が安心だと思います。
2016年05月23日(月)   No.165 (矯正歯科ブログ)

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2016年05月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2016年05月23日(月)
学校歯科健診

++アーク矯正歯科ホームページ++

[Admin] [松戸市の矯正歯科専門医ブログTOP]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50