++松戸市の矯正歯科専門医ブログ++

2015年04月14日の日記

学校歯科健診の季節です。
今年も学校歯科健診の季節になりました。
毎年の学校歯科健診の結果では歯列咬合に問題はないのに、かかりつけの歯医者さんや矯正歯科専門の先生に歯列咬合の不正を指摘されることがよくあります。
残念ながら今の学校歯科健診では、歯列咬合の不正が見過ごされるケースが多いのが現実です。
統計的には学校歯科健診で見つけられる歯列不正の10倍もの数が、現実には存在するといわれています。
この違いの理由としては、日本学校歯科医会の指針による原因が大きいと言われています。
指針には『「歯列・咬合」の健診にあたっては,将来,口の機能に重大な支障をもたらす恐れのある不正咬合をスクリーニングすることとし,かつ,それが矯正歯科治療の勧告や誘導にならないように注意すべきである』とあります。

顎変形症および口唇裂・口蓋裂など一部のケースしか保険適用にならない矯正歯科治療ですから、保護者に不正咬合の健診結果が治療勧告のように思われることが望ましくないと考えられているようです。

しかしわが子の本当の状態を知りたいと思われている保護者の方がいらっしゃるのも事実です。また治療の勧告は別として、情報として正しい健診結果を伝えることが学校健診の使命です。
少しずつ改善されているものの、今のところはお子様の歯列や咬み合わせで気になるところがあれば、矯正歯科専門医にご相談されたほうがよいかもしれません。
2015年04月14日(火)   No.162 (矯正歯科ブログ)

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2015年04月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2015年04月14日(火)
学校歯科健診の季節で..

++アーク矯正歯科ホームページ++

[Admin] [松戸市の矯正歯科専門医ブログTOP]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50